株式会社 エム設計 トップページ
株式会社 エム設計 業務内容
株式会社 エム設計 実績
株式会社 エム設計 会社概要
株式会社 エム設計 アクセス・地図
株式会社 エム設計 お問い合わせ
株式会社 エム設計 採用情報

Service 業務内容

 

昨今、私たちが生活する空間にはデジタル化された装置が増え、それを操作することにより人々の会話や意思伝達が図られるようになりました。携帯電話やパソコンなどの端末装置を利用してインターネットによる情報のやり取りはもはや日常的な光景となってます。日常生活の中に個々の対話やスキンシップが無くなり、人間同士の直接的な関係が崩れているように思います。
一方私たちを取り巻く環境においては木洩れ陽を感じ、そよぐ風を肌に受け、せせらぎの水を手で掬うことなど、昔ならば普通に享受できた環境が現在においては無くなりつつあります。本来人が持つ皮膚感覚が失われていく現代社会は、それによる様々な弊害を引き起こしているようにも思います。

人が自己の存在を確認する感覚を呼び覚ますには人間相互の、そして自然との対話が必要であり、個々の人が触れ合う対面の場が必要とされているのではないでしょうか。
いうなればマス コミュニケーションではなく、触れ合う範囲のミニ コミュニケーションとしての場が、今求められてるのではないでしょうか。
私たちはその最小限の空間である生活空間に皮膚感覚を取り戻したいと考えます。

光を浴び、風を感じ、水に触れる、そこで向かい合う人との個々の交流を大切にした空間の創造を目指します。

 

 

Service 業務内容

 

  1. 建築及び設備設計監理
  2. 都市開発、地域開発の企画・調査・設計・施工監理
  3. 前記各号に付帯関連する一切の業務

Service 業務内容

 

Nowadays, with an increasing of digitalized equipment in our daily life, our mutual communication could be made possible through manipulation of such equipment. It is, in fact, everyday life to exchange each other an information by means of internet with such as mobile phone, personal computer and so on. As a result, less dialogue and skin-ship seems to collapse the direct human relationship among ourselves. Furthermore normal environment, where we used to have enjoyed the sunbeam through trees, gentle breeze and dipping up water from small stream, is now disappearing gradually. Thus the modern society with less sense of humanity is likely to be causing various harmful effects.

In order that we remind a sense to recognize our self-existence, we will concern seriously that it is necessary to have not only a direct dialogue with other people and nature but also the space for face to face communication among ourselves. That is to say that we are required to make a space not for mass-communication but for mini-communication within the scope of the direct contact between us.

We, E&M Consulting Engineers Inc., propose to recover such skin-sense as mentioned above to our life space as a minimum living spot. We are also aiming to create an original space designed for a valuable place to exchange among individuals faced each other, appreciating natural value, the sunlight, breezing and touching the water.

 

 

Scope of work

 

  1. Architectural design, Building engineering and supervision
  2. Planning, investigation, design and construction supervision for city and regional development
  3. All the necessary works related to the above 1 and 2

Service 業務内容

 

近年來,我們生活的空間多了數位化的設備,經由操作這些設備,可以實現人與人的對話與意見的傳達。

藉由利用手機或電腦的末端裝置從網路上的信息交流已經變成再平常不過的光景了。日常生活中,變得沒有個人之間的對話或實際上的接觸,人與人之間的直接關連已經漸漸崩壞的感覺。

過去,環繞在我們周圍環境,如透過林間灑落在地上的陽光、輕拂過肌膚的微風、舀水的潺潺流水聲,是日常生活就可以享受到的,如今漸漸的消失殆盡。人也因此失去了用五官感受這世界。因為這樣,對於現今社會引起許多不良的影響。

為了喚醒對自己的存在意識,人與人之間或者與自然的對話是必要的。對於各種面對面的互動難道不是必要的嗎?也就是說我們所追求的是小範圍的近距離溝通而不是大眾傳播不是嗎?

我們想在每個最小限度的空間裡創造一個可以把體感找回來的空間。

沐浴陽光下、享受風的吹拂、感覺水的流動,在這裡我們的目標是創造重視個人之間的互動交流的空間。 

 

 

Service 業務内容

 

  1. 建築與設備設計監理
  2. 都市開發、地域開發的企劃‧調查‧設計‧施工監理
  3. 前記各項的附帶關聯所有業務